教育のためのTOC日本支部 事務局です。今年最初のイベントをご案内致します。

昨年も多くの方々に支えられ、たくさんの地域で国際認定プログラムを開催することができました。私どももその中で新たな出会いや、新たな気づき、学びの機会をいただき、皆様に心から感謝しております。教育のためのTOCは、本年も皆さまと一緒に楽しみながら学び合い、教え合うことができる場を提供して参りたいと考えておりますので、この一年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。

毎年大変好評をいただいております『教育のためのTOCシンポジウム』を、来る2019年2月10日(日)に京都大学にて開催することに決定致しました!

今わたしたちが暮らす社会は、様々な場面において「当たり前」と思っていたことが、より早くより多様に変化しています。以前通用した「答え」が通用しない場面に出会う機会も増えています。もしくはより良い結果をつかむチャンスも増えているかもしれません。クリティカルシンキングを実践するための手法のひとつである「教育のためのTOC」(TOCfE:TOC for Education)も様々な場面で活用されています。

第8回となる今回は、TOC for Educationの会長であるキャシー・スエルケンさんが来日し「人に秘められた大きな可能性を解き放つために」をテーマに基調講演を行います。自分自身の心の安らぎや、人と人との調和をもたらすために、TOCfEを活用してどうやって問題を解決するのか、そして人々が持っている大きな可能性をどのように解き放つのかを、心温まる実話を通じてお話します。(逐次通訳が入ります)

さらに、大阪教育大学の副学長である和田良彦さんをお招きして、「大阪で始まるTOCfEによる先生の働き方改革」について特別講演をしていただきます。すべての校長候補がTOCfEトレーニングを受け、自らの働き方を改革しようとする大阪府教育センターでの取り組みと、「授業がおもろくない」という最大の課題を解消しようとする大阪教育大学での「教師の学び舎」の活動について、その活動を一緒に推進している岸良裕司さんのご案内でお話いただきます。

午後からは、家庭や職場など実際の生活の中で、TOCfEの3つのツールを活用した素晴らしい事例を、全国からお集まりいただいた8名の方に発表していただきます。イベントの詳細は下記の通りです。お申込みは是非お早目に、皆様お誘いあわせの上、ご参加ください。当日会場でお目にかかれることを楽しみにしております!

『第8回 教育のためのTOCシンポジウム』

■開催日時
2019年2月10日(日)

シンポジウム本編 9:30開場 10:00開会 17:00閉会
懇親会 17:30開始 19:00終了

■開催場所
京都大学 国際交流ホールⅠ・Ⅱ・Ⅲ (時計台2階)
京都府京都市左京区吉田本町
http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/clocktower/

京阪電車 出町柳駅より徒歩20分
阪急電車 河原町駅よりバス20分 など

■内 容
基調講演、特別講演、事例発表(8件)、全体ワークショップなど

■参加費
一般(社会人、大学生)4,000円(NPO有料会員3,000円)
一般(高校生以下)  無料
懇親会参加      2,000円(高校生以下無料)

■定 員
150名

■募集期間
2019年1月31日(木)まで

■お申込み
シンポジウム参加のお申込みは、下記「シクミネット」の教育のためのTOC日本支部の会員システムからお願いいたします。
「シクミネット 特定非営利活動法人教育のためのTOC日本支部 」
https://m5.members-support.jp/tocforeducation/

※ログイン後、「イベント情報」メニューの「イベント申込」からお手続きいただけます。
※参加費のお支払い方法は、クレジットカード、ペイジー決済またはコンビニ端末でのご入金が選べます。

■タイムテーブル

9:30 受付開始
10:00 開会

基調講演  Kathy Suerkenさん TOC for Education President
「人に秘められた大きな可能性を解き放つために」

11:00 特別講演  大阪教育大学 副学長 和田良彦さん
(ナビゲーター:ゴールドラットジャパン 岸良裕司さん)
「大阪から日本の教育を変える-先生の働き方改革」
12:00 昼食休憩
13:00 TOCfE事例発表(家庭や職場など、実際の生活の中でのTOCfEの活用事例:8件)

全体ワークショップ等

17:00 閉会(同施設別会場にて、17:30~19:00まで懇親会)

※内容は予告無く変更される場合があります。

基調講演、事例発表の詳細については随時アップしていきます。

また、過去の事例発表についても下記のサイトにアップしていますのでご確認ください。
http://tocforeducation.org/category/case

TOCfEシンポジウム2019_チラシ

■協賛

株式会社日立製作所、株式会社ゴールドラットジャパン

HITACHI

■お問い合わせ先

題名に イベント名(シンポジウム)を記入してお問い合わせください。

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

題名

メッセージ本文